the_st0ne’s diary

筋トレと勉強について書いています。記事に関するご意見は"fitnessthest0ne@gmail.com"までお願いいたします。

賃貸物件選びの注意点~家賃や築年数よりも管理会社が大切~

こんにちは。the_st0neです。
昨日で連休が終わった方が多いようですね。
連休中は、引越シーズンの一つだそうですね。
なぜいきなりこのような書き出しをしたかと言いますと、私が最近引越をしたからです。
そして、引越をする原因となった事件について、共有し、同じ目に合う人が減ることを防ぐためのポイントを解説する記事を書いていきます。
結論から言うと、賃貸物件を選ぶ際の最重要事項は、管理会社がまともかどうかだ、ということです。
今回の騒動の経緯を含めて解説してゆきます。

 

引越の原因〜欠陥住宅でのネズミ出没〜
みなさんは、引越をするときに何を重視しますか?
立地や家賃はもちろんのこと、築年数をこだわって探される方も多いことでしょう。
私は築年数をさほど重視していなかったものの、築5年のアパートに住んでいました。
初めて実家を出て、賃貸物件を借りた当初は、内装はなかなかきれいで、機能が充実していていいなと思っていました。
しかし、居住を開始してから少しずつ違和感を覚えるようになったたのでした。
そして、最終的には天井裏と室内が穴で繋がっていて、ネズミが出没して、アレルギー症状が出たために引越を余儀なくされたのでした。

居住開始後に感じた違和感〜すぐにゴキブリが出た〜
入居すぐに、ゴキブリが出たり、エアコン内部がカビやホコリだらけだったりしたのです。
入居前にエアコンクリーニング代を請求されたにもかかわらず、です。
最近内見動画系のYou Tubeチャンネルをよく拝見するのですが、排水溝周りの隙間が空いていないかどうかを確認する、恒例のゴキチェックがありますよね。

www.youtube.com


あまり確認せずに入居しまして、当該の隙間が空いておりました。
それどころか、私の住んでいた家ではシンク下の棚の背面と、薄いベニヤ板との間に隙間があった上、レンジフード上の建付けが悪く、天井裏と配線をつなぐ直径2cm以上の穴が空いていたのです。
エアコンからゴキブリが入ってきた可能性も否めませんが、天井裏や排水溝からゴキブリが出てきた可能性も否めません。
なにしろ、家に食料がほぼ皆無の状況での出来事でしたので、おかしいですよね。

ネズミ出没
前述のとおり、私が住んでいた家でネズミが出没しました。
駆除業者がネズミの足跡や糞の形跡をたどり、天井裏と出入りしていたことを突き止めました。
駆除業者によると、このレベルの穴は害虫、害獣対策のために塞いでおく必要があるらしく、欠陥住宅かどうかのグレーゾーンだそうです。
ネズミを目視で確認する少し前から目が痒くなり、ネズミ出没後にダニやノミによるアレルギー症状が出たことがわかりました。
こうなったら、もう、住めません。引越をすることにしました。
管理会社の怠慢
今回のネズミ騒動では、ネズミによる健康被害のみならず、管理会社の怠慢により、経済的損失が大きくなったことがありました。
まず、ネズミ出没の際に、駆除業者を呼んで、駆除したり、施工不良箇所の補修工事をしたりする前には管理会社への連絡が必要でした。
管理会社に連絡したものの、現地に来ることもなく、穴が空いていたら塞いでいい、費用は大家が払うよ、とだけ回答されました。
今回の賃貸借の契約に当たり、私に過失のない修繕に関しては大家が代金を支払うようになっていたのですが、大家がゴネて払いませんでした。
そもそもなら、管理会社が業者を手配して、後に大家に請求すべきですが、残念ながらそうなりませんでした。
少額の訴訟の場合は訴訟のための費用ばかりがかさみ、結局マイナスにしかならないようでしたので、いち早く退去することにしました。
しかし、このやり取りに際して、管理会社はすべての返答が遅く、身動きがとれない状況が続き、無駄な家賃がかかった時期がありました。
何を言ってものらりくらり、というより、何もしない。そんな会社に共益費を納めていたのが腹立たしい。
調べてみると、悪評が多い会社でしたので、納得しましたが、初めからよく確認しておくんだったなぁと。
施工から管理まで手掛ける会社でしたが、アフターフォローを全くしない会社で、大手の名を振りかざして悪いことをする会社があるものだなと、怒り心頭です。
何かしらのトラブルが起こることも見越して、管理会社の評判をよくよく調べることが、賃貸物件選びでは大切なことがわかりました。

それでは、どんな管理会社がいいのか?

地元で評判がいい会社を選ぶといいです。

あまりにも管理物件数が多すぎる会社や、評判が悪い会社は、何かがあったときに何も助けてくれないことが多いです。

大抵の場合、不動産仲介業者に相談に乗ってもらい、物件探しをすると思いますが、このようなポイントを踏まえて、どんどん質問して評判のいい会社を教えてもらうといいでしょう。

おまけ〜ネズミ対策〜
ネズミは1,2cmくらいの隙間でもにゅるっと形を変え、すり抜けます。天井裏や排水溝、外部とつながる箇所はパテで埋めたり、木材で穴を塞いだりしましょう。
彼らは食糧と暖かさを求めて民家に入り込む習性があるようでして、今年は特に飲食店の時短営業によって飲食店から民家へのネズミの移動が多いそうです。
もしもネズミが出てしまったら、冷蔵庫周り(冷蔵庫下のモーターまわりにネズミが生息することが多い)、洗濯機周り(洗濯機のドラム周りの隙間に生息することが多い)など、ネズミが動く場所に粘着板を置いて捕獲すると良いです。
また、屋根裏に忌避剤を巻くのも有効です。
ただし、決して行ってほしくないのは、ネズミを直接捕獲しようとすること。病原菌を持ったネズミが噛み付いてくることも多いらしく、伝染病をうつされることもあるそうです。
また、部屋の中に毒餌を撒いてしまうと、部屋の中で死亡したネズミに害虫が湧いたり、菌が湧いたりするのでやめましょう。


 

 屋根裏におすすめ


 

 ネズミが出たと思ったら

 

いかがでしたか?
今回ネズミの対策にはとても詳しくなりましたが、経済的損失は50万円を超えました。
家財が汚損されたり、引越代金がかかったりと、とてもひどい状況になりました。
コツコツと貯金していたお金の一部がなくなってしまいました。
泣きたい気持ちですが、これからまた仕事頑張るか!という気持ちです。

皆さんに最後にお伝えしたいことは、多少家賃が高くても、まともな管理会社の物件に入居したほうが、安心して暮らせるということです!
少しでも記事が参考になりましたら、SNS等で拡散していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 

the_st0ne's diary - にほんブログ村