the_st0ne’s diary

筋トレと勉強について書いています。記事に関するご意見は"fitnessthest0ne@gmail.com"までお願いいたします。

摂津正 コントロールの神

こんにちは。the_st0neです。

ソフトバンクホークスのエース、摂津正さんが慢性骨髄性白血病の診断を受けた、というニュースを目にしました。

摂津さんといえば、コントロールがとてもよく、どの球種でも針穴を通すかのような、正確なコントロールを見せ、バッターを悩ませてきた名投手です。

某テレビ局での、現役選手が選ぶコントロールがいい投手のランキングでも毎年上位に選ばれ、現役選手最高峰の選球眼を誇る西武の栗山選手には、やっぱり僕は摂津さんですね、と言わしめたほどです。

摂津さんの経歴を簡単にご紹介しますと、社会人野球を経て、27歳でプロ入りし、初年度は新人王と最優秀中継ぎを受賞し、2年目も中継ぎエースとして活躍し、最優秀中継ぎを受賞しています。そして、3年目からは先発投手として活躍し、5年連続2桁勝利と1度の最多勝、最高勝率、沢村賞を受賞されました。

現役生活は10年間と短かったものの、圧倒的な実力と華々しい実績を残してつい一昨年まで現役アスリートだったわけですが、突如として白血病にかかっていることを公表され、衝撃が走りました。

同じ白血病でも、池江選手の急性リンパ性白血病とは異なるようですが、アスリートの方も病気になることがあるんだなと。

これらは人間ドックの白血球数の多寡で症状を疑われ、精密検査をすることによって判明するようですので、若い方でも人間ドックを受けられた方がいいのかなと思いました。

専門家でもなんでもない素人一般人の意見なので、間違っている点などあればご容赦ください。