the_st0ne’s diary

筋トレと勉強について書いています。記事に関するご意見は"fitnessthest0ne@gmail.com"までお願いいたします。

狭い家でのホームジムづくり

こんにちは。the_st0neです。

先日、1都3県に緊急事態宣言が再発令されましたね。

 

the-st0ne.hatenablog.com

昨年のものとは異なり、ジムは開いているようですが、どうしても周りに人が密集したり、マスクをちゃんとしていない人がいるような環境では感染症のことが気になってしまったり、ジムに行きづらい人も多いのではないでしょうか。

そんな中、ホームジムづくりを検討される方も少なくないのではないかと思います。

しかしながら、スペースやコストの面で、二の足を踏む方も多いのではないかと思いますので、今回は、予算がなくても、また、狭い家でも、ホームジムづくりをする方法をご紹介してゆきます。

 

●可変ベンチと可変ダンベルを揃える

どうしても、狭いお部屋の場合には、スペースがないですよね。

たしかに、たくさんのマシンを置くことはできないですし、パワーラックすら置くスペースがない方も多いことと思います。

しかし、可変ベンチと可変ダンベルだけであれば、1畳ほどの置き場所があれば十分です。実際にトレーニングをする際にも、2畳ほどのスペースで一通りのトレーニングができます。

また、コストについても、ベンチとダンベルだけであれば2万円もあれば初心者の方には十分なものが揃いますし、4万円もあればほとんどの方には十分な設備の出来上がりです。

エニタイムでも毎月8000円近く会費を取られますから、ホームジムに切り替えれば、半年もせずに元が取れてしまいます。


 


 

 

 


 

 


 

 

 また、床の保護のためにマットもお忘れなく用意していただきたいです。


 

 

●さらに設備を充実させたい場合 

今回は最低限の設備をご紹介しましたが、これに加えて下記のような器具を購入するのもいいでしょう。